powered by フリーランスマネー

フリーランスWebデザイナーのメリットは?どんなタイプが向いている?

Webデザイナーは、Webサイトを見やすいものにしたり、背景などのデザインを構築する仕事を担っています。

WebデザイナーはIT企業に雇用されて働くスタイルもありますが、フリーランスで自由に働く方法があるのをご存じでしょうか。

今回は、フリーランスでWebデザイナーになるメリットと、どのような方がフリーランスWebデザイナーに向いているかについてご紹介します。

フリーランスWebデザイナーになるメリットとは?

フリーランスWebデザイナーになるためには、Webデザイナーとしての技術がなければなりません。

Web制作会社に入社すると収入を得ながら技術を身につけることができますし、専門的な技術を身につけるためにスクールに通うという手段もあります。

フリーランスWebデザイナーになるためには、技術が身についているだけではいけません。

どこから雇われることなく、フリーランスでやっていくわけですから、クライアントを獲得しなければいけませんし、獲得したクライアントを維持しなければいけないのです。

クライアントの獲得・維持はあなたの人間性が問われますし、クライアントから信頼を得なければフリーランスとしてWebデザイナーになることは難しいでしょう。

フリーランスWebデザイナーになるメリットにはさまざまなものがあります。

1つめは、出勤する必要がなく自宅でネット環境を整えることで、自宅で仕事ができることです。

出勤するために満員電車に乗ったり、渋滞に巻き込まれることなく、自宅で仕事ができるのは体への負担がほとんどないといえます。

2つめは、フリーランスWebデザイナーは自分の自由な時間が確保できます。

納期はクライアントと相談して決めることになり、納期にゆとりがある場合は平日であってもゆっくりできるでしょう。

3つめは、自分の思い通りにWebデザインができることです。

Web制作会社であれば会社の方針に従って業務を進める必要なことがありますが、フリーランスWebデザイナーの場合は、あなたが思い描くデザインをクライアントに理解してもらうことで業務を進めることができます。

このようにフリーランスWebデザイナーになると、あなたが自由にWebデザイナーとして活躍できるのがメリットといえるでしょう。

フリーランスWebデザイナーに向いている人とは?

フリーランスWebデザイナーに向いている人は、長けたWebデザイン能力をもっていることはもちろんのこと、クライアントとスムーズなコミュニケーションを図れる方といえます。

クライアントの中にはあなたに厳しい契約条件を突き付けてくる場合がありますが、フリーランスWebデザイナーでやっていく場合は、少しでも収入を得るために依頼を引き受けるのか、折が合わないクライアントの依頼は受けないのかを自分で決めなければなりません。

依頼を引き受けるまでに、クライアントと十分にコミュニケーションをとる必要があるでしょう。

またクライアントからメッセージがきた際は、できる限り早く返信することであなたの信頼も高まります。

間違っても1日以上メッセージの返信をしないということがないようにしてください。

ただクライアントからのメッセージを返すことに神経質になりすぎると、あなたの体が壊れてしまいますので、週に何日かのお休みをつくること、そしてメッセージの受付時間やWebデザインを行なっている業務時間を決めて仕事をすることをおすすめします。

このようにWebデザイナーとしての技術をもっていることはもちろんのこと、クライアントや自分を大切にできる方がフリーランスWebデザイナーに向いているといえるでしょう。

まとめ

今回は、フリーランスでWebデザイナーになるメリットと、どのような方がフリーランスWebデザイナーに向いているかについてご紹介しました。

フリーランスになるということは、どこからも雇われることなく自分で経営をするということですから、あなたが仕事をする日程や曜日・時間帯を自由に決めることができます。

またフリーランスでWebデザイナーになるためには、すべてのクライアントとのやり取りはあなたがしなければいけませんので、Webデザインをする技術はもちろんのこと、クライアントとコミュニケーションをきちんと図れる方が、フリーランスWebデザイナーに向いているといえるでしょう。

今回の記事を参考に、あなたもフリーランスのWebデザイナーをめざしてみてはいかがでしょうか。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です