powered by フリーランスマネー

フリーランスになるには。独立前にやっておくべき5つのこと

フリーランスになるには

「フリーランスになりたい!」と思って勢いで会社を辞めてしまっても、うまくいく人は少ないです。フリーランスとして独立する前にやっておくべきことをご紹介します。

ブログ・SNSを運営する

ブログを運営することで、人を惹きつける文章が書けるようになるライティングスキル、WEBで集客ができて営業なしでも仕事の依頼が来るようになるSEOスキル、狙ったターゲットに的確な戦略が立てられるようになるマーケティングスキルを身につけることができます。

また、ブログと並行してSNSも運営し、フォロワー数を獲得しましょう。これらは「スキルアップ」と「人脈作り」に役立つだけでなく、アドセンスやアフィリエイト、クラウドソーシングサイトでの依頼受注など、ブログ・SNSを通してプラスアルファの収入が得られるようになります。

独立準備のための時間作り

ブログとSNSの運営を思いつく人は多いですが、きちんと継続できる人はごく稀です。なぜかというと、平日は普通に仕事があり、ブログやSNS以外にも準備しなくてはならないことが山積みなので、時間が足りなくなって、やがて諦めてしまう人がほとんどだからです。

フリーランスとして独立するために意外と重要なのが、この時間作りです。自分のスケジュールを徹底的に管理し、効率よく行動しないと、時間がないことを言い訳にして、何もできないまま終わってしまいます。

フリーランスになった後も生活できるだけの貯金

フリーランスは実力主義の世界です。フリーランスになれば誰でもすぐに仕事がきて、安定した収入が得られるというわけではありません。

そのため、フリーランスになった後も1年ほど生活できるように貯金をしておきましょう。その際、家賃・携帯代・保険費用などの固定費を見直すこともお忘れなく。

もしも貯金がないままフリーランスになると、生活ができず、フリーランスを諦めて就職することになったり、不安感から体調を崩してしまうかもしれません。

クレジットカードの作成とローン申請

フリーランスは稼げるイメージがあるかもしれませんが、実は社会的信頼度は限りなくゼロに近いです。

そのため、フリーランスになってからクレジットカードの作成や、ローンの申請、銀行からの融資、不動産の購入などを計画しても、審査がすべて通らなくなります。

これらは会社を辞める前に手続きしておきましょう!

退社後の手続きと、もらえるお金を確認

会社を辞めるとなると、失業保険の手続きが必要になりますし、健康保険や年金保険の切り替えもあります。また、退職金がもらえるタイミングや、有給の消化など、退職後の手続きをしっかりと確認してから独立しないと、独立後に損をしてしまうかも!?

退職させてもらえない場合

一部の会社では執拗に引き留めたり、損害賠償を請求すると脅されたりするなど、なかなか退職させてもらえない状況が起こっています。
そのような場合は下記のような退職代行サービスの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

値段が安くて実績豊富な二社をご紹介しますが、両社とも主な内容は下記の通りです。

  • 費用が3万円
  • 24時間即日対応
  • 弁護士指導の適正業務
  • 退職できなかった場合は全額返金

退職代行jobs

退職代行jobs

https://jobs1.jp/

辞めるんです

https://yamerundesu.com/

SNSでフォローする