powered by フリーランスマネー

フリーランスになるなら知っておきたいお金のことと貯金の仕方

フリーランスになるなら知っておきたいお金のことと貯金の仕方

貯金なしでフリーランスになる人もいますが、会社勤務だったときは経費でおりていたアレやコレも、フリーランスになるとすべて自分のお金からでていき、手元に残るのはその差額です。独立前にお金のことと、貯金はいくら必要なのか、貯金の仕方などを知っておきましょう!

1.独立前後でこんなに変わる! お金のこと

 会社員 フリーランス 
給与 出勤さえすればお給料がもらえる 仕事が来なければ収入にならない 
経費 パソコン、ソフト、交通費、ノートなどすべて経費で収入には響かない 収入から経費を差し引くため額が変動する 
社会的信用 安定した収入や肩書きにより社会的信用が高く、クレジットカードの作成や賃貸物件の審査が通りやすい 社会的信用がなくなり、クレジットカードの作成や賃貸物件の審査が非常に困難 
年金 国民年金と厚生年金に加入できる 国民年金にのみ加入できる 
保険 健康保険に加入し、サービスが充実している 国民健康保険に加入し、保険料が高い割にサービスが劣る 
確定申告 会社が経費を管理しているので楽 経費を自分で管理し、38万円以上の所得で確定申告が必要 
住民税 前年度の収入に合わせて請求される額が決まる 昨年の正規雇用時の収入を基準に算出した額が請求される 
昇給・ ボーナス あり なし 

会社員はほとんどのことを会社がやってくれるのでとても楽ですし、受けられるサービスも充実しています。

それに比べるとフリーランスはすべてが自己責任で、サービスの質もガクッと下がります。そのため貯金なしでフリーランスになると、資金が底をついて会社員に後戻りなんてことも!?

2.フリーランスになるなら、貯金はいくら必要?

独身故にこれまで貯金をしたことがなく、貴重なボーナスを自己投資と称して一月で使い果たしてしまったことがある人もいるかもしれません。逆に家庭がある方は、家のローンや子供の学費・習い事などでどんどんお金が減っていきます。また、友人の結婚式や身内の不幸、自身の病気・事故などで思わぬ出費があることも。

フリーランスになるのであれば、貯金がないという状態は、精神的にかなり追い詰められます。最低でも会社員時代に300万円は貯金しておくと、金銭的な不安から解放されます。

3.今からできる! 簡単な貯金の仕方

  • 家賃の高い都心からローカルエリアや実家へ引っ越し
  • 外食をやめる
  • 飲み会を断る
  • スマホをキャリアから格安に変更
  • タクシーや飛行機など交通費が高い移動手段はやめる
  • 保険やローンの見直し
  • 趣味に使う限度額を決める
  • 会社と並行して副収入を得る

貯金とは、収入を増やすことだけではありません。徹底して無駄を省き、節約していきましょう!

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です