powered by フリーランスマネー

フリーランスにおすすめのクラウドソーシングサービス

フリーランスとして働くなら、クラウドソーシングサービスへの登録がおすすめ。副業としてフリーランスの準備を始めたい会社員も、育児や家事をしながら在宅ワークがしたい主婦の方も必見です!

しかし、クラウドソーシングサービスという名前は聞いたことがあるものの、実際にはどういうサービスなのかよく分からないという方も多いはず。そこで、クラウドソーシングサービスとは何かや、おすすめのクラウドソーシングサービスについてご紹介いたします。

クラウドソーシングサービスとは

クラウドソーシングとは、「不特定多数の人に業務を委託する新しい雇用形態」のことを言います。つまり、クラウドソーシングサービスとは、「クラウドソーシングを行うためのサービス」のことであり、「仕事を探している労働者と、仕事をしてくれる人を探している雇用者のマッチングサービス」を言います。

これまでは雇用と言うと、勤務時間や勤務場所が決まっているアルバイトや派遣社員、正社員などの募集が通常でした。これらには書類選考や面接があり、合否までに数日かかることも珍しくありません。

ところがクラウドソーシングサービスで募集されているのは、業務ごとの案件になります。しかもほとんどの業務がインターネットで完結するので、納期と品質さえ守れば、勤務する時間も場所も自由です。

自分のペースで働くことができるクラウドソーシングサービスは、フリーランスとして本格的に独立したい方はもちろん、本業と並行して副業で稼ぎたい会社員や、育児や家事で在宅ワークを希望している主婦からも注目されている人気の働き方です。

特定のジャンルの案件だけを募集している特化型のクラウドソーシングサービスと、あらゆるジャンルの案件を募集している総合型のクラウドソーシングサービスの2種類があるので、希望のジャンルがある方は特化型を、特にない場合は総合型を選ぶのがおすすめです。

クラウドソーシングサービスの登録から納品、報酬の確定までの流れ

細かなシステムはクラウドソーシングサービスによって異なりますので、ここでは大まかな流れを説明させていただきます。

クラウドソーシングサービスに登録する

登録は基本的に無料。メールアドレスがあればOKです。

プロフィールの入力

登録が終わったら、続いてプロフィールを入力します。所有している資格、実績、ポートフォリオなど、なるべくすべての項目を埋めて内容を充実させましょう。

仕事を受ける

仕事の受注方法は、大きく分けてプロジェクト形式、タスク形式、コンペ形式 の3種類あります。

プロジェクト形式

プロジェクト形式とは、特定の受注者に依頼が来て、金額・工程・納品日を依頼主と相談した上で、契約をします。アプリ開発、ホームページ作成、記事のライティングなどに適した方法です。

しかし、ある程度の実績や経験がなければ、依頼が来ることはありませんので、中級者以上におすすめです。

タスク形式

タスク形式とは、依頼主が不特定多数の受注者に対して案件を公開する方法です。アンケートなど、単純な作業に適した方法です。

交渉などが不要で、直接納品し、内容を確認した依頼主が承認することで報酬の支払いが確定します。報酬は低いですが、誰でも気軽にできるため、まずは実績を積みたい初心者の方におすすめです。

コンペ形式

コンペ形式とは、不特定多数の受注者が公開した作品の中から、依頼主が気に入ったものを採用する方法です。

依頼主が一度にたくさんの提案を見ることができる、というメリットがあります。ロゴ作成、バナー作成、ネーミングなどのデザイン系に適していますので、腕に自信のある方におすすめです。

納品

納品方法は、クラウドソーシングサービス上で行われます。データでのやり取りになるので、ネット環境があれば自宅でもカフェでも、好きな場所で行えます!

報酬の確定

個人間でのやり取りだと、「納品したのに報酬が支払われなかった!」というトラブルが起こりやすいですが、クラウドソーシングサービスなら報酬を一時的に預かってくれるなど、確実に受け取れるように保証されていることがほとんどなので、安心して案件に取り組めます。

3.フリーランスにおすすめのクラウドソーシングサービス

数あるクラウドソーシングサービスの中から、おすすめをご紹介いたします。現在登録を考えている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ランサーズ

https://www.lancers.jp/

日本で最初に登場した総合型クラウドソーシングサービスが、ランサーズです。今すぐできる初心者向けの案件から、高単価のプロフェッショナルな案件まで、実に350,000社の案件がそろっていて、日本最大級の規模を誇ります。

リモートワークに常駐案件、スポットのお仕事から継続案件まで、仕事数ナンバーワンのランサーズなら、自分にあった働き方が選べます。案件のジャンルも幅広く、ライティングやデサイン、エンジニア向けの案件、セールス、企画、コンサルなど、ビジネス知識・スキルを活かせるお仕事などが豊富にそろっています。

フリーランスとして本格的に活動したい方にも、まずは副業としてクラウドソーシングサービスに登録したい初心者にもおすすめです!

クラウドワークス

https://crowdworks.jp/

クラウドワークスは、上記のランサーズと同じくらい有名な総合型クラウドソーシングサービスです。登録ユーザー数が約3,240,000人、仕事の依頼数が約293,000件で、こちらも日本最大級を誇っています。

クラウドワークスでは、プロ向けの仕事から、経験不問の仕事まで、200種類以上の仕事カテゴリーから案件を受注できます。ランサーズと比較して、自分にあったカテゴリーがある方を選んでみてはいかがでしょうか。

サグーワークス

https://works.sagooo.com/

サグーワークスは、総ライター数253,653人、2018年の月間最高獲得報酬額715,342円、発注企業数累計3,000社のクラウドソーシングサービスです。

Webサイト向けの文章を書くライティングに特化した案件が多数あるため、ライターとして活動したい方に特におすすめです。お手軽な説明文の作成から、サグーワークス独自のテストに合格したライターのみが利用できる高単価の長文コラム作成まで、様々な案件がそろっている他、アンケートの回答や、記事チェック・校閲といった案件もあります。

シュフティ

https://app.shufti.jp/

シュフティは、主婦の在宅ワーカーが多数活躍するクラウドソーシングサービスです。簡単な記事作成やアンケートなど、スキル不要でスマホで完結する案件が多く、1日10分程度で無理なく始められる案件もあるため、在宅ワークが初めての方に特におすすめです。もちろん、高額報酬のお仕事もあります。

データ入力、翻訳、デザイン、WEB開発などのほか、調査分析、資料作成、広告・宣伝、SNS運用といったビジネスサポート、覆面調査や座談会などオンラインにとどまらない案件もあり、自分にあった仕事が選べます。

まとめ

仕事が欲しい受注者と、仕事をしてくれる人を探している依頼主をマッチングするクラウドソーシングサービスには、あらゆるジャンルの案件に対応した総合型と、特定のジャンルの案件だけを募集する特化型があります。どちらが良いかではなく、自分にあったジャンルがあるクラウドソーシングサービスを選びましょう。

また、無名の初心者にいきなり高収入の案件が依頼されることはありませんので、まずは単価が安くても確実にこなせるものから受け、少しずつ実績を積んでいきましょう。

SNSでフォローする